NS.GREEN

アクセスカウンタ

zoom RSS ペットに対するアロマテラピーの危険性

<<   作成日時 : 2010/10/07 17:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 12

昨日の「アロマテラピーの講座」でも
 ペットアロマの話をしました。
皆さんとても興味深く聞いていました。
それだけ 犬や猫との生活がとても身近なモノなのだと感じました 


画像



AEAJの会員になりますと年に4回会報誌が送られてきます。
この会誌には色々なハーブや精油の特集やコラム、レシピなど
アロマに関する記事が色々・・・。
なかなか勉強になりますし、最新情報を得る事ができます。


丁度、4日前に届きましたので目を通しますと

「ペットに対するアロマテラピーの危険性」という記事が。

 猫は肉食動物のため植物成分をうまく代謝する機能が
備わっていないということでした。
人や犬では有益な薬効のある薬物が猫では中毒を起こしたり
違う作用が出るようです。

グルーミングする性質があるためオイルやスプレーをすると
大量に経口摂取してしまう可能性が大きいようです。

また、フェレットも猫と同様に肉食動物なため植物成分の
代謝がうまく出来ないようですので気をつけないといけないですね。

犬はアロマとの相性は良いのですがやはりごく少ない量で使い、
瓶の保管には十分に気をつけなければいけません。
(精油の瓶のいたずらやコンセントライトのお皿を舐めるとか・・・あるようです)


獣医師の救急医療の中毒ページには以下の精油が載ってるようです。


カモミール
カンフル
シトラスオイル
シナモンオイル
ユーカリオイル
ティーツリーオイル
メグサハッカオイル


ひどい場合は死にいたることもあるようですから
十分に気をつけて使わないといけないですよね。 



画像




家族同様のペットですので
私も気をつけて精油を使っていこうと思います 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レッスンのお知らせ
ハーブやアロマを使って、自然のリズムに調和した暮らしについてお伝えしています。 ...続きを見る
幸草哲学
2011/01/03 15:46
レイバン ウェイファーラー
ペットに対するアロマテラピーの危険性 NS.GREEN/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/03 18:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱりそうだったのですね
お友達がローズマリーいっぱいの川沿いの道を
ワンちゃんを連れて散歩したら
しばらくするとワンちゃんがフラフラ〜と酔っ払いのように千鳥足になったと聞いたんです
嗅覚が人間の何百倍もあると言われるワンちゃんですものね。。
気をつけてあげないといけませんね
piku
URL
2010/10/07 19:08
ええっ!そうなの〜!
それは・・・怖いね
人間よりも嗅覚が鋭いから吸収の仕方も違うの
かも〜。
人間も使う量を間違えると体に良くないしね。
気をつけて使わないとね
のりりん
2010/10/07 19:14
アロマテラピー講座お疲れ様でした!
50人近くの人たちに、のりりんさんのお話が伝わっていくのって
なんだか不思議で素敵ですねぇー
私、今後アロマ関係で疑問があったら
まちがいなくのりりんさんに聞きに来ます!
先生と呼ばせてください〜^^

T邸
URL
2010/10/07 22:01
そうだね〜、誤飲は怖いよね。
って、アロマの前にあずきは、生ゴミ荒らしてるし〜(lll≡3≡)
久しぶりのチョコが登場だぁ〜♪
かるび
URL
2010/10/08 00:08
おはようございます〜
人には効果的なアロマもペットには
危険につながることが有るのですね〜
とても、参考になりました〜<m(__)m>
香りのきつい物にも気を付けたほうがいい様ですね
菜摘
2010/10/08 07:04
アロマ講座、お疲れ様でした!
ペット、人間より体も小さいし、感覚器官も鋭いし、
人間と同じように考えてはいけないんですねー。
以前、全く関係のない本で、ローズマリーの茂みの
そばに犬小屋があり、その犬はいつもすごく元気で
走り回ってた、っていうのを読んだことがあります。
ローズマリーに慣れてたのかな?
白薄荷糖
URL
2010/10/08 08:01
そうなんだ〜。動物に合わないアロマってあるんだね。知らず知らず使っていることもあるかもしれないね。

↓講習会お疲れ様でした☆
大勢の前で、お話しすることの大変さ、すごくわかるので、のりりんちゃんを尊敬してます。

それから、石鹸交換たのしかったね☆
金箔はうまく扱えたかなぁ=って心配してます。
ピレア
URL
2010/10/08 12:54
T邸さま
ええっ〜何だかテレますぅwwww
でも、講座は面白かったし、勉強になりました。
もっとこう伝えるべきだった・・・とか反省も
して次に生かしていきたです
のりりん
2010/10/08 21:00
かるびちゃんへ
そうなんだよね!
何か落とすと走ってきて食べようとするから
困るのよ〜。この間、コーヒー豆を落としたら
咥えて行って食べたらすごい不味かった
みたいだよ〜(爆)。
のりりん
2010/10/08 21:02
菜摘さんこんばんは〜♪
そうですね。ワンコはアロマと相性がいいの
で上手に使うと効果的です
猫は解毒・代謝が出来ないので気をつけないと
いけないですね〜。
のりりん
2010/10/08 21:04
白薄荷糖さんへ
そうなんだ〜♪元気なのはいいですね!
人間と同じで精油との相性があるのでは
ないかしら?その子によっての個人差は
大きいと思います。
ローズマリーは心身の活力を高める効果が
あるのでそのせいで元気なのかな!?
のりりん
2010/10/08 21:10
ピレアちゃんへ
そうなんだよね〜猫のいる家で柑橘系の
精油を活用するのは特に危険だよね〜。

石鹸交換こちらこそありがとう
使うのがとても楽しみです。マルセイユなので
しばしそのままにしておこうかと思っています。
金箔を使うのはもう少し後から・・・。
何を作るのかはもうきまってるのよ
のりりん
2010/10/08 21:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
●石鹸・教室のお問い合わせはこちらへ↓ hamashin-lm☆kch.biglobe.ne.jp  (☆を@に変えて)
ペットに対するアロマテラピーの危険性 NS.GREEN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる